profile

name
れんくん
age
20
height
183cm
weight
67kg
a blood type
A

自作PCやイラストを趣味とする大学生です。

試行錯誤で自分らしい水冷PCを組んでいます。

お気軽にコメントをどうぞ!

Counter

Online

現在の閲覧者数:

Links

020.JPG

りくんちゅ。パパさんのブログ

おもひでほろほろ 様.jpg

kaiten-sushiさんのブログ

4ctwin_banner.jpg

とーやん。さんのブログ

Linklogo.jpg

すなっちさんのブログ

o08300430hide-rocket1347369769950.jpg

Hide-Rocketさんのブログ

データーアシストさんのブログ

bloomさんのブログ

1356948266639.jpg

デンタさんのブログ

2代目水冷機 "RED"

初代水冷機 "BLUE"

categories

archives

recent comment

本格水冷計画【Part2】

0
     
    ようやく輸入した品が到着いたしました!
    なぜか税関で3日もかかり、
    千円弱の税金を取られました…。
    ここに来て更なる出費とは。(かなり今月やばいですw

    中身はこんな感じです。(フィッテング等は除く


    さて、簡単に手順を書いていきます。

    1.パーツの洗浄
    2.仮組み
    3.精製水でまわしてみる
    4.設置してみて、チューブカット&組み立て
    5.OKなら排水して、設置
    6.クーラント投入!&エア抜き
    7.温度チェック

    とりあえず大まかにこんな感じでやりました。
    初めての本格水冷なので手順違うかも…(爆

    というわけで完成しました!
    エア抜きが非常に簡単でした!
    ほっといても20分くらいですぐ静かになり、
    不安要素のひとつがあっさり終わり、
    ほっとしました。

    クーラントは自作いたしました。
    ブログ「おもひでほろほろ」様の自作クーラントを
    見たときに、このシリーズは!と思い即購入でした!
    お世話になりました!
    いい色です。
    UVに反応するタイプで、希釈液は2種類あり、
    ひとつが添加剤、もうひとつが着色剤です。
    こちらの着色剤はちょっと多めに入れました←
    だってちょっと薄いんだもの…。
    CCFL UVを購入してあり、後は設置なのですが、
    インバータの固定方法に悩みまだ設置してません…
    両面テープ、しかないかなあ…。

    PMP-400をポンプに採用していますが、
    こいつはなかなか強力なので、
    2系統にしたときはそのまま流用しようかと。

    パーツの構成等を書いていきます!
    PMP-400
    HX-CU720VS(intel)
    COV-RP400(PMP-400用リザーバー一体型ハウジング)
    リザーバーボディ 60x120タイプ
    フィッティング少々(後ほど詳しいスペックをまとめた記事をアップいたします。)

    今回の完成にあたり、
    参考にさせていただいたブログ「おもひでほろほろ」のkaiten-sushi様、
    丁寧な対応でお世話になりました、オリオスペック様、
    ならびに庄司商店様、
    お世話になった方々全員にお礼申し上げます!
    ありがとうございました!

    おそらくどんどんいじっていくことになると
    思いますが。
    これからも温かい目で見守っていただけるとうれしいです!

    今回はこの辺で!
    ではでは!

    にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
    コメント
    こんばんはー☆
    本格水冷、憧れるなぁ...
    けど、自分には無理だなぁ(爆)

    液体物は関税で結構引っかかってしまうらしいですね(; ̄ー ̄A
    りくんちゅ。パパさん

    いやいや、あれだけの加工をこなすパパさんが
    できないはずは…!
    でもパパさんみたいにケースがたびたび
    ばらばらになる人はメンテとか手直しが大変そうですねw
    パパさんのフルカスタム水冷、見てみたいです!

    不思議なことに液体は輸入してないんですよ…。
    そこは気をつけましたので。
    何ででしょうね?
     
    こんばんは。

    水冷化お疲れ様でしたー
    同じメーカーでパーツを選ぶと纏りがありますね。これからどう変わっていくのか楽しみですw

    使用されているポンプはLaing社のDDCのOEMなので、
    熱源すべて水冷となると力不足になるかもしれませんが、
    CPUとVGAの水冷なら1機で余裕で回せますよ。

    税金がかかったのは、商品の代金が高額だったからだと思います。
    私の経験上ですが、日本円で2万円ぐらいなら税関で足止めされることはありません。
    分けて注文するのも手ですが、送料の問題もありますし、難しいところですかね。

    追跡サービスで通関手続中が2回以上表示された場合、
    税金かかってきますので、お金を用意しておくほうがいいですよ。
    すなっちさん

    ありがとうございます!
    おお!いい事を聞きました!
    パワー足りてるかなー?と少々不安になっていたので
    安心してVGA冷却にまわれます!

    なるほど…
    中身だけではなく、金額でもかかったりするんですね…。
    参考になりました!
    ありがとうございます!
    こんにちは!!
    今、本格水冷にしようか悩んでるものです・・・
    金額とか色々ですが・・・聞きたいのはやはり水漏れ、その後組んでみて稼働の状態や色々です
    高い金額出してやるので
    • ヤマベ ユウキ
    • 2013/01/18 2:10 PM
    >ヤマベ ユウキさん
    こんにちは!
    そうですね、やはりそこが気になりますよね。
    コスト面はおいておいて、私の4ヶ月の経験からコメントをさせていただきますと、
    水漏れ、一度も起こってません!
    水冷関係において一番大切なのは、ゆっくりとチェックをしながら組むことと思っております。
    Oリング、締め付け、ヒビ、いろいろありますが、大体もれる場所は決まっているので
    しっかりチェックを行えば漏れは少なくなります。
    また、しっかりもれたときの対策に間にタオルなどをしけば安心感もありますよ!

    自分のやっている組付けの手順など、
    質問がありましたら、お気軽にメールフォームからどうぞ!

    その後の稼働状況は、おおむね順調です。
    冷却性能を大きく左右するのはラジエターです。
    ここさえ選べば、冷却は問題ないかと!
    静穏性はなかなかです。
    アイドル時はポンプのない空冷のほうが静かですが、
    高負荷時やGPU冷却においては非常に大きなアドバンテージがあります。
    お勧めしますよ!本格水冷!
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック