profile

name
れんくん
age
20
height
183cm
weight
67kg
a blood type
A

自作PCやイラストを趣味とする大学生です。

試行錯誤で自分らしい水冷PCを組んでいます。

お気軽にコメントをどうぞ!

Counter

Online

現在の閲覧者数:

Links

020.JPG

りくんちゅ。パパさんのブログ

おもひでほろほろ 様.jpg

kaiten-sushiさんのブログ

4ctwin_banner.jpg

とーやん。さんのブログ

Linklogo.jpg

すなっちさんのブログ

o08300430hide-rocket1347369769950.jpg

Hide-Rocketさんのブログ

データーアシストさんのブログ

bloomさんのブログ

1356948266639.jpg

デンタさんのブログ

2代目水冷機 "RED"

初代水冷機 "BLUE"

categories

archives

recent comment

本格水冷計画【Part3】VGA水冷化

0
     というわけでハワイから帰国いたしました!

    まずはその報告から。
    初めてのハワイで、どう楽しもうかと考えていましたが、
    ショッピングにはじまり
    自然人とのふれあいのんびりビーチでリゾート気分
    と、かなり流れで楽しめました!
    こちらは部屋からの眺めです。
    隣の島の火山から、煙が流れてきていましたが、
    きれいな眺めで盛り上がりました。
    ワイキキビーチとダイヤモンドヘッドが一望できます。
    ちょっととおりを歩くだけでも楽しいのが
    ハワイでした。
    じめじめしていなくてすごしやすい気候です。
    自然ももちろんすばらしかったです!


    さて、ハワイの話はこんなもので、
    本題に入りましょうか。

    ついにVGA冷却の水冷化です!
    自分はGEFORCE GTX690を使用しています。
    特別うるさいわけではありませんが、
    やはり負荷時の冷却の安定性を考えると、
    水冷の優位性は揺るがないでしょう。

    今回は選んだパーツを紹介します。
    VGA水枕にはこれ
    Koolance VID-NX690です。
    このようにでかくてごついです。
    重さもかなりあるらしいので、
    取り付けが不安ですw
    SLI対応ですが、おそらくしないでしょう。
    4way-SLIってw

    ラジエターを追加します。
    前回と同じ、HX-CU720VSです。

    その他、フィッティング等を多数。
    ほかにもちょっとだけ注文しました。
    ついてからのお楽しみ←

    水冷システムはすべて内蔵する予定です。
    外に出して見せてもいいのですが、
    COSMOS2の持ち腐れに…。

    直列配管と並列配管、
    どちらにしようか悩んでいます。
    メリットなどがよく分からず、
    日々調べているのですが…。
    並列にしたときにどういう風に流れるのか、
    そういったことも考えてます。
    誰かアドバイスをください(小声


    ハワイから仲良くしていただいている方々のブログを覗いていたら
    とあるパパさんに何やってんだと言われてしまいましたw
    だって考えてしまうんだもの!←(爆
    というわけで水冷計画も順調に進んでいます。
    今回は、個人輸入の配送方法にFedExを選んでみました。
    どんな感じなんでしょうね?
    パーツが届き次第、記事にさせていただきます!

    ではでは!

    にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
    コメント
    お帰りなさい〜♪
    とあるパパさんですw
    この記事見てたからまさかハワイからコメントが入るとは思ってなかった(爆)
    ちなみにボクはハワイ行ったことないんですよねぇ。
    また海外行きたいなぁ...ショップが多いとこがいいなぁ(爆)
    りくんちゅ。パパさん
    ただいまです!
    ビーチサイドでiPhone片手にブログにコメントw
    やっちゃいましたw
    ハワイ楽しいですよ!
    グアムやサイパンにも行きましたが、
    一線を画する楽しさがあります!
    自分もハワイでパーツショップ探しましたが←おい
    残念ながら車イジリのショップしかありませんでした…
    住むとなるとオンラインショッピング頼みですね。
    自分もアメリカ大陸に行ってショップ見てみたいです!
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック