profile

name
れんくん
age
20
height
183cm
weight
67kg
a blood type
A

自作PCやイラストを趣味とする大学生です。

試行錯誤で自分らしい水冷PCを組んでいます。

お気軽にコメントをどうぞ!

Counter

Online

現在の閲覧者数:

Links

020.JPG

りくんちゅ。パパさんのブログ

おもひでほろほろ 様.jpg

kaiten-sushiさんのブログ

4ctwin_banner.jpg

とーやん。さんのブログ

Linklogo.jpg

すなっちさんのブログ

o08300430hide-rocket1347369769950.jpg

Hide-Rocketさんのブログ

データーアシストさんのブログ

bloomさんのブログ

1356948266639.jpg

デンタさんのブログ

2代目水冷機 "RED"

初代水冷機 "BLUE"

categories

archives

recent comment

ファンコン注文&3DMARK11時のGPU温度について

0
    JUGEMテーマ:パソコン
     
    さて、いよいよ気温も下がって、
    本格的な冬になってきましたね…。
    私は、暑いのより寒いほうが好きなので
    最近はいい感じですw

    以前から使っていた安物のファンコン
    (ジャンクを直して使っていましたw)
    が壊れてきたので、いい加減新しいのを買おうかと思い、
    海外のショップをあさっていました。
    すると、こんなのを見つけました。
    少々お値段が張りますが、デザインがどストライクです!

    てなわけでこいつと周辺パーツをまとめて、
    ちょろっと注文いたしました。

    ファンコンにしてはお高い買い物ですが、
    そこらへんの感想は到着後にしましょう。


    で、お次の話題です。
    たいしたことじゃないんですが、
    この前新ケースに入れ替えてから温度チェックをしてなかったので
    3DMARK11をまわしてみましたところ、
    グラフ.jpg
    !?
    最大41℃!?
    これはすごい…。
    たしかに、今までは静穏ファンで冷却は二の次でした。
    今回はめちゃくちゃ風量のあるうるさーいファンでやってみたところ、
    こんな結果になりました。
    まあ、ヘッドフォンでもしていないと、うるさくてかなわないので
    実用的ではありませんが、
    本格水冷、すげー。
    CPUは60℃付近を超えたり超えなかったり、
    いい感じです。
    GPUはOCしてこの温度なのでなかなか頑張ってますね。

    たいした記事ではありませんが、
    今回はこの辺で。

    あ、新しいHAF出ましたね。
    いい形してます。ちょっとでかいですがw
    銀石の新CPUクーラーも気になるところです。

    ではでは!
    にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
    コメント
    Aquaero5かっこいいですよw
    ただ、ファンの回転数を下げて使用すると、かなりの熱が発生します。
    画像で確認できると思いますが、でかいヒートシンクが付いてる部分です。
    それ専用の水枕があるぐらいですからw

    私の場合で水枕を付けてますが、温度は40℃超えますw
    水枕なしならファンを追加して風をあててやるほうがいいと思いますよ。
    あー、余剰電圧を熱で分散させるタイプなんですね…。
    海外の方で、熱がヤバイ!みたいな方もいたので理由調べてたところですw
    すなっちさん水枕つけてましたものね。
    そんなに熱くなるんですか…
    うーん、そうなるとポンプ追加しないとなので、とりあえず空冷で温度モニターしてみます!
    やはり本格水冷はの恩恵はVGAで得れますね☆

    それからこのファンコン高いすけど僕も欲しいんですよね〜^^
    水枕もつけれますし、イイですね♪

    ただ、すなっちさんのコメにもあるようにけっこう高熱なんですね!
    今後のマシンのクラスチェンジも楽しみにしてます〜(^_^)
    とーやん。さん
    そうですねー、このアドバンテージはまだまだ健在です!

    かっこいいですよねー!
    フロントプレートが変えられるのもGOODな気がします!

    ありがとうございます!金欠なのでゆったり
    強化してまいります!
    650Dも実はちょろちょろ進んでたり…
    ではでは!
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック